眠れない人の原因と対策

疲れているのに夜眠れない(寝れない)原因とは?対策をして改善していこう!

更新日:

仕事や家事などで疲れているのに眠れない・寝れないことってありますよね。
それが数日続くと、疲れも取れないし、寝れないことにイライラしてくることもあります。
眠れないのって本当に辛いですよね。

眠れない原因は様々ありますので1つずつ紹介していきます。
原因を解明して、対策することで徐々に眠れるようになりますよ!

睡眠の質を上げる方法はこちら
睡眠の質を上げる方法6選!

生活リズムが原因で眠れない

眠れない原因には、生活リズムが関わっていることがあります。
生活リズムが乱れている場合は、規則正しい生活をして体内時計を整えてあげましょう。

昼寝や仮眠のとりすぎで眠れない

昼寝や仮眠は疲労回復や眠気の解消にもなりますが、とりすぎてしまうと夜に眠れない・寝れない原因になってしまいます。
昼寝や仮眠は、午後3時までの間に15分~30分程度が最も理想的です。それ以上寝てしまうと、逆に起きれなくなってしまったり頭痛の原因にもなってしまうので注意が必要です。

昼寝の前にカフェインの含まれるコーヒーなどを少し飲んで、15分~30分後にアラームをかけておくとスッキリ起きることができますよ。

太陽の光を浴びる量が少なくて眠れない

太陽を浴びることは生活する上でとても大切なことです。
太陽を浴びることで、体内時計を整えます。朝起きて太陽を浴びることで、スッキリとすることができ、14~16時間後に自然と眠くなるようになります。
これは、朝に太陽の光を浴びることでセロトニンという脳内物質が分泌され、それが夜になると眠気を誘発するメラトニンへ変化するためです。
毎朝太陽の光を浴びることで、このメカニズムが規則正しくなっていきます。

寝る時間・起きる時間が不規則で眠れない

寝る時間が夜中になったり、起きる時間がお昼だったりと、不規則な生活をしていると体内時計が狂ってしまい眠れない原因となります。
休みの日だからといって昼まで寝ているのは厳禁です。毎日7時間睡眠を心がけるようにしましょう。できれば12時前には布団に入るのがベストです。

運動不足で眠れない

運動不足になると、血流の流れが悪くなり、睡眠に影響を与えることがあります。
毎日少しでもウォーキングなどで汗をかく習慣をつけましょう。

生活習慣が原因で眠れない

生活習慣はその人にとっては癖みたいなもので、自然とやってしまっていることが多いです。
普段何気なくやっていることが、睡眠に悪影響を与え眠れなくなっている可能性があります。

寝る前にスマホ・パソコンやテレビを見ていて眠れない

スマホやパソコンから出るブルーライトは、睡眠に悪影響を与えます。また、テレビなどの光も睡眠の妨害になってしまいます。
寝る1時間前には、部屋の明かりを小さくして、スマホやパソコン・テレビなどの光を発するデジタル機器の使用は控えましょう。

寝る前にお酒やコーヒーを飲んでいて眠れない

お酒を寝付きを良くすると思われがちですが、睡眠には悪影響です。
これは体内でアルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドが睡眠を妨害するためで、眠りが浅くなってしまいます。

またコーヒーなどのカフェインが入ったものを飲むと眠れなくなってしまいます。
夜にコーヒーを飲むのは避けましょう。

寝る前に食事をとっていて眠れない

寝る前に食事をとると、体内では消化活動が行われ、多くのエネルギーを使います。
そうすると、体や脳は休みなく働いているので、眠れない原因となってしまいます。

体も脳も休めて質の良い睡眠をとるためには、寝る3時間前までに食事を済ませるようにしましょう。

精神的な原因で眠れない

ストレスが溜まっていたり、不安なことがあったりすると眠れない原因となります。

ストレスがあって眠れない

ストレスが溜まっていると、イライラしてしまって眠れないことがありますよね。
ストレスは溜めこまずに、こまめに発散するようにしましょう。

寝る前に、ホットミルクや温かいお茶(カフェインを含まないもの)を飲むと心が落ち着きますよ。
また温かいものを飲むことで眠りやすくなることもあります。

うつ病などの精神的な病気が原因で眠れない

うつ病は睡眠と深い関係があり、うつ病患者は不眠症を伴うことが多いです。
うつ病かな?と思ったら早めに心療内科や精神科の病院に行くことをおすすめします。
早めの治療が大切ですよ。

自律神経の乱れで眠れない

ストレス社会の現代では、自律神経が乱れている人が多いです。
自律神経が乱れると、眠れなかったり、睡眠の質が低下したりしてしまいます。
ストレスを溜めこまないようにし、心療内科や神経科に受診するのも良いでしょう。

自律神経失調症は放っておくとうつ病になってしまうので注意が必要です。

環境が原因で眠れない

繊細な人は睡眠時の環境で眠れないことがあります。
旅行などで普段と違うベッドや布団で寝ると眠れない。なんて経験ありませんか?
そういった経験がある人は環境によっても眠れなくなってしまいます。

光や音の影響で眠れない

体は光を浴びることで体内時計の調整を行うため、夜に強い光を浴びると、体が朝と勘違いしてしまい眠れない原因となります。
こうなると、体内時計が乱れてどんどん眠れなくなってしまいますので、夜は部屋の明かりを抑えましょう。
寝る1時間前くらいからダウンライトや間接照明に切り替えるのがおすすめです。

また、騒音も眠れない原因となります。
車の音や電車の音が響くよな部屋の場合、遮音カーテンなどで防止しましょう。
あまりにもひどい場合は耳栓などをして寝るのも効果的です。

枕や布団が合っていなくて眠れない

枕や布団は良質な睡眠をとるためにとても重要なアイテムです。

枕は高すぎたり硬すぎたりすると首の負担にもなってしまいます。
寝返りの打ちやすいフラットなものがおすすめです。

マットレスは硬すぎるのも柔らかすぎるのもNGです。
硬すぎても柔らかすぎても腰に負担がかかるので気をつけましょう。
寝た時に自然な姿勢で寝れるものを選びましょう。

室温や湿度が原因で眠れない

暑さや寒さで眠れないこともあります。
クーラーやエアコンで室温を適温に保つようにしましょう。

また冬の乾燥は要注意です。
口が乾いて睡眠の質が落ちたり、風邪をひいてしまうこともあります。
加湿器などで適度な湿度を保つようにしましょう。

おすすめの睡眠サプリ

眠れない原因を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
思い当たるところがあったら、改善していくことで質の良い睡眠をとれるようになります。

ただ、現代では仕事や環境によって対策しきれない部分も出てきますよね。
仕事が終わるのが遅かったり、日当たりの悪い部屋に住んでいたりするとどうしても睡眠に影響を与えてしまいます。

そこで、睡眠の質をサポートしてくれるグッドナイト27000というサプリを紹介します。

グッドナイト27000は睡眠に効果的な成分がたっぷり配合されたサプリです。
7種の成分が高濃度で配合されています。入眠時(寝付きを良くする)、睡眠中(睡眠の質を高める)、起床時(スッキリ起きれる)をサポートしてくれます。

1

「眠れない」「起きれない」その悩み、本当につらいですよね。 私も夜眠れず、朝起きることができない。 日中も体がだるい・・・という日々を送っていました。 そんなときに出会ったのが睡眠サプリでしたが、いろ ...

2

眠れない・起きれないで悩んでいる人は多いと思います。 これらで悩んでいるあなたは、寝る方法、起きる方法を調べていませんか? もちろん、眠る方法や起きる方法も大切ですが、最も重要なのが睡眠の質です。 睡 ...

3

睡眠サプリって様々な種類が販売されていて、どれを選んでいいのかわからなくなりますよね。 色々な睡眠サプリを使用したり、調査していると、販売されている睡眠サプリの中には安全性に疑問があったり、配合成分が ...

4

ダントツでおすすめの睡眠サプリです。 睡眠サプリはいろいろなものが販売されています。 その中でも、当サイトが自身を持っておすすめするのがこのサプリ 「グッドナイト27000」です。 ダントツでおすすめ ...

5

仕事や家事などで疲れているのに眠れない・寝れないことってありますよね。 それが数日続くと、疲れも取れないし、寝れないことにイライラしてくることもあります。 眠れないのって本当に辛いですよね。 眠れない ...

-眠れない人の原因と対策

Copyright© 【最新】睡眠サプリおすすめランキング【2018年版】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.